お金借りる 審査通りやすい

MENU

審査落ちにならないための心得を徹底紹介!

当サイトにいらっしゃいまして、誠にありがとうございます。

 

消費者金融や銀行などからお金借りる時には必ず審査があります。でもこれって何をするんでしょうか?
アルバイトやパートではお金借りることが出来ないのでは…と不安になりますよね。

 

急いでいるときには時間も気になります。できれば即日に回答して欲しいものです。

 

金融機関、特に消費者金融業界は競争が激しく、近年は融資完了までのスピードを競い合っています。

 

スマホの普及もあって外出先からでも申し込みが可能になり、審査時間も最短30分などと宣伝している業者もあります。

 

過去に借金の返済が滞った事などがなければ、アルバイトであっても審査を通過してお金借りることは十分可能です。

 

しかし、闇雲に準備もせずカードローンやキャッシングの申し込みをしてしまうと、審査落ちして融資不可能になる事もあります。

 

このサイトではそうならない為の心得として、お金借りる時の審査についてや、即日融資を受ける為に準備すべき事、などをお伝えします。

 

お金借りるための参考として是非読んでくださいね。

 

 

お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

お金借りるときの審査基準はどのようなものでしょうか?

銀行や消費者金融のキャッシングなどでお金借りる際の、気になる事の一つに「審査基準」があります。

 

審査は、お金借りる為には必ず通らなくてはならないものですが、その基準は会社毎に異なっていて、確実に通る方法は公表されていません。

 

しかし、申込み条件には各社ほぼ共通の物がありますので、そのポイントを押さえることによりお金借りる事ができる確率はぐっと上昇します。

 

お金借りる条件としてまず押さえておきたいのが、年齢・収入です。これは金融機関によって基準がまちまちで、年齢であれば満20歳から利用できるところが多いです。

 

収入についてですが、多くの金融機関において「安定した収入を持つ方」となっていますので、アルバイトやパートの方であっても毎月安定した収入を得ていれば条件を満たし、お金借りることが出来ます。

 

また、収入がない主婦の方であっても、配偶者に安定した収入があるなら、お金借りることができる場合があります。

お金借りるときに審査は即日でやってもらえるのでしょうか?

お金借りる時の審査を即日で受けられれば便利ですが、最近ではそういう顧客のニーズに応えてくれる業者が多くなっています。

 

昔、銀行などのキャッシングは、お金借りるまでにヘタをすると何日もかかっていましたが、今は数時間で済むこともあります。

 

早くなった原因の一つはインターネットです。直接店舗に出向くこともなくPCやスマホだけで申し込みができます。

 

これで有人店舗はおろか、無人契約機も近くにないよ、といった方でも手軽に申し込みが出来るようになりました。直後に審査をしてくれ、最短30分で結果が出る事もあります。

 

また、インターネットバンキングの普及も即日にお金借りることを可能にしています。24時間振込可能なところもあるので、その日のうちに契約してお金借りる事もできます。便利な世の中になりましたね。

 

ただ注意点があります。振込は24時間可能になりましたが、審査は営業時間内しか行っていません。

 

時間がかかる可能性も考慮し、早い時間帯に審査を受けるのが即日にお金借りるためのコツです。

お金借りるとき審査落ちになることもあるのでしょうか?

銀行や消費者金融からキャッシングなどでお金借りる場合、審査を受けることになりますが、その結果、審査落ちする場合があります。

 

様々な理由が考えられますが、一番多いのは過去にお金借りる際にトラブルがあったことです。

 

過去に借金歴があり、その支払いの滞納歴があるとか、そういったことで落ちてしまう場合があります。

 

良くあるのが携帯電話の利用料金の支払い遅延で、一ヶ月でも遅らせてしまうと信用情報に記録されてしまい、審査落ちに繋がることがあります。

 

しかし、落ちたからといって、永久的にお金借りることが出来ない訳ではありません。

 

信用情報を回復させることができれば再び審査を受け、お金借りることが可能となります。

 

実は信用情報は個人でも確認可能で、特定の企業に問い合わせをすることで教えてもらうことが出来ます。

 

信用情報は時間とともに回復していくので、そこから再度申し込みをしてお金借りる手続きを進めてみると良いです。

 

回復していれば審査を受けて、再びお金借りることも出来ます。

お金借りるときの消費者金融の審査ってどのようなものでしょうか?

消費者金融からキャッシングなどでお金借りるためには、審査を受ける必要があります。審査にはいくつか用意するものがあって、それは本人確認書類と収入証明書類になります。

 

収入証明書類に関しては、お金借りる限度額が一定基準以内であれば必要ありません。この金額は50万円に設定されているところが多いです。

 

消費者金融に限らず、お金借りる時には本人確認書類が必ず必要になるので、運転免許証やパスポートなどを用意しておくと良いです。

 

用意した書類を提出すると、消費者金融による審査を受けることになります。審査では申込者がお金借りるのに相応しい人であるかをチェックしていきます。

 

過去の支払履歴のチェックや在籍確認などを行います。チェックが無事完了すれば、融資を受けることができます。

 

もし過去に借金歴や滞納歴があったりすると、お金借りることが出来ないので注意が必要です。

 

無事に審査通過できれば、消費者金融のサービスを利用することができ、専用のATMもしくはコンビニにあるATMからお金借りることが出来ます。

お金借りるときは銀行が一番きびしいでしょうか?

お金借りるときに行われる審査は、一般的に消費者金融の方が通りやすく、銀行が一番きびしいというイメージがあります。

 

しかし、実際のところはどちらか一方が極端にきびしいという訳ではなく、申し込みを行った人の債務状況や収入状況などによって左右される面が大きくなっています。

 

また一口に銀行といっても数多くあり、またお金借りる方法も様々なサービスが用意されていますので、人によっては銀行の方が審査が通りやすいというケースもあるのです。

 

例えば、無職の専業主婦の方がお金借りる場合、個人の収入は0となりますが、家計の収入は配偶者の収入も合わせてとなります。

 

この場合、個人の収入をもとに審査を行う消費者金融と比べて、銀行は家計収入で審査をしてくれます。

 

もちろんパートなどで安定した収入があれば、多くの消費者金融でお金借りる審査を受けることができます。

 

このようなことから考えれば、必ずしもキャッシングするのに銀行が一番きびしいという訳ではないんですね。

お金借りるときのキャッシングの審査はどんなものでしょうか?

銀行や消費者金融会社からキャッシングサービスを利用してお金借りる場合、必ず審査を受ける必要があります。

 

キャッシングサービスでの審査は、申し込み時に提出をした本人確認書類と信用情報の確認になるんですね。

 

信用情報の確認は、銀行もしくは消費者金融から特定の企業に問い合わせを行い、借金歴や滞納歴、それから他の会社のキャッシングサービスを利用していないかなどを調査します。

 

他の会社のキャッシングサービスを利用しているだけで、断られてしまう場合があるので覚えておきましょう。

 

また、滞納歴があると返済能力が欠けるということで通過できない場合があります。もし通過できずお金借りることが出来なかった場合は、時間を空けてから再度申し込みをするとよいです。

 

信用情報が回復をして、お金借りることが出来るようになる場合があります。

 

しかし過去に何かトラブルがあった場合は、注意しましょう。例えば、自己破産をしていたとしたら、ある程度の年月が経っていないとキャッシングは厳しいということがあります。

カードローンの審査ってどんなものでしょうか?

初めてお金借りるのにカードローンを利用する際には、審査など様々な不安や疑問がありますよね。

 

「お金借りるにはどうしたらいいの?」「何を用意すればいいの?」など、何をして良いかもわからない、という方も少なくないです。

 

最近では、インターネットを利用して24時間いつでもカードローンの申込ができる金融機関が増加していますので、そちらを利用する方法が最も簡単です。

 

審査も申込み後すぐに行われます。免許証などの確認、会社への在籍確認などを行い、申し込み情報に偽りがないかを調べます。

 

次に個人信用情報機関への問い合わせを行い、過去に借金の返済遅延などがないかを調査します。何事もなければ、早い金融機関であれば30分ほどで結果が出ます。

 

会社によって異なりますが、WEB完結型の多くはこの後すぐにお金借りることが出来るようになります。

 

借りたい時にすぐにお金借りることが出来るカードローンは、困った時には非常に頼りになる存在であるといえます。

通らない理由ってなんなのでしょうか?

お金借りるためにカードローンやキャッシングに申し込みをしたけど審査に通らなかった。その理由の大半は信用情報に問題があることが多いです。

 

個人信用情報機関という、登録されている方の借り入れに関するデータを保有している機関があります。

 

申し込みを受けた金融機関は、お金借りる方の信用情報データを、契約している機関から取得するのです。

 

具体的に登録されているデータとしては、何件お金を借りているか、いくら借りているのか、延滞、債務整理などの事故情報、契約日、貸付日、返済期日などの情報が登録されています。

 

あまりにもいろんな会社からお金借りる状況だと、借り入れ件数が多いことで審査に通らず、お金借りることが出来ないのです。

 

また、消費者金融では借入金額が年収の3分の1を超えていると過剰融資となるので、これもお金借りることが出来ません。

 

審査に通るためには、安定した収入があることはもちろんのこと、借り入れ件数や借り入れ金額も少ないことが理想です。

お金借りるとき審査なしの場合ってあるのでしょうか?

もし審査なしのキャッシングがあった場合は要注意です。基本的にお金借りる場合は必ず行われます。

 

審査ではその人の収入を確認したり、他社での融資状況を確認したりします。なぜなら支払い能力のない人に融資をしても返って来ないリスクがあり、不良債権となる可能性があるからです。

 

さらにお金借りる人が自己破産など債務整理に陥った場合、借りた本人だけでなく貸し出した側にも責任があるとされています。そのため審査なしはありえません。

 

審査なしでお金借りることが出来るのは、いわゆるヤミ金の可能性があります。ヤミ金は違法な金利で短期間の貸し出しをしますが、最も恐ろしいのは金利ではなく、個人情報が漏れることです。

 

一度漏れた個人情報は同業者の間で流通することとなり、迷惑な勧誘や訪問に悩まされるようになることも。

 

お金借りる場合は不安かもしれませんが、必ず審査を受けてからお金借りるようにしましょう。

 

審査に通ることで一定の信用があることの証明にもなります。

お金借りるときに審査なしで融資してもらうのは危険でしょうか?

キャッシングなどでお金借りる際に、審査なしで融資してもらえる正規のローン会社は存在しません。

 

そもそも一般的な消費者金融や銀行では、借入の際に申請者の信用情報や在籍確認など様々なチェック項目があり、その基準をクリアした場合のみ融資できるのです。

 

しかし、その融資基準は一定ではありません。それを極めて低く設定している消費者金融もあり、収入が借入額に見合わなくても、さらには過去に返済不能に陥ったなどのブラック情報がある場合でもお金借りることが出来るところもあります。

 

こういった場合、借りる側としては自分の経済能力や返済能力を超えてお金借りることも考えられますので、最悪の場合返済不能に陥ってしまう可能性も出てきます。

 

名前が知れている大手の消費者金融であれば、こういう審査基準はあり得ません。

 

キャッシング出来たとしても、こうした業者の金利は当然高くて損をしてしまいますし、「ブラックOK」などの宣伝文句がある業者はヤミ金の可能性もあるので注意して下さい。